ページ本文

広島大学と連携した安芸高田市小原地区の地域づくり(平成30年12月ワークショップ)

 中国財務局では、広島大学と連携して、広島県安芸高田市小原地区の地域づくり計画(廃校活用含む)の策定に取り組んでいます。
 12月22、23日(土、日曜日)、広島大学と地域住民を交えた地域づくりのワークショップに参加しました。
 今回のワークショップでは、11月に考えた地域づくり計画案を、学生と当局職員で他地域の事例を参考にしながらブラッシュアップしていきました。
 地域の方への発表会では、各班から「小学校跡地を芝生や遊具のある憩いの公園にする」「地元の農産物を扱う加工販売所を設置する」「JR吉田口駅周辺の空き家をカフェや寺子屋として活用する」といった地域づくり案が発表されました。
 次回(平成31年2月)は、今回の地域づくり計画案について更なる検討を行い、最終案を地域の方に提案する予定です。

開催日

平成30年12月22日(土曜日)、23日(日曜日)

場所

広島県安芸高田市甲田町下小原 小原中央集会所「絆」

参加団体

広島大学大学院工学研究科、小原地域振興会、中国財務局

内容

学生と一緒に小原地区の地域づくり案について議論

3班に分かれて地域づくり案をブラッシュアップ

検討した地域づくり案を地域の方に発表

本ページに関するお問い合わせ先

中国財務局 総務部 総務課

電話:082-221-9221(代表)

内線:3378

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader