ページ本文

国有地にはどのようなものがあるか

宅地造成に関係があると思われる国有地には、だいたい次のようなものがあります。

1 道路、水路等

道路法、河川法等の適用又は準用を受けないいわゆる法定外公共物である道路(里道)、水路、溜池などは、従前は国土交通省が所管する公共用財産でしたが、平成12年に施行された「地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律」(地方分権一括法)により、現に機能を有しているものは、平成17年3月31日までに市町村に譲与(無償譲与)されました。現在、法定外公共物については、現に機能を有しているものは市町村が管理し、機能を喪失しているものは、財務省(財務局、財務事務所、出張所)が管理(境界確定及び売却等)しています。

2 海浜地

海岸にある護岸敷、砂浜などは、国土交通省、農林水産省のいずれかが管理する公共用財産です。

3 白地、内務省・官有地名義

1及び2に該当しない土地で、登記がなく、地図に地番の付いていないものや内務省・官有地名義の土地は、財務省が管理する国有財産の場合があります。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader