ページ本文

「上下水道事業の広域化・共同化」をテーマにした講演会を開催しました

 鳥取財務事務所は、地域連携・地域貢献事業として、人口減少等に伴う収益減少や老朽化した設備・管路の更新等により経営が厳しさを増す上下水道事業について、鳥取県との共催により、「上下水道事業の広域化・共同化」をテーマにした講演会を開催しました。
 

開催日時

 令和2年1月22日(水曜日) 13時00分から15時10分

開催場所

 天神浄化センター 大会議室 (鳥取県東伯郡湯梨浜町)

参加者

 約60名 (鳥取県内市町村 上下水道関係職員ほか)

講演会の概要

講師

株式会社日本政策投資銀行 地域企画部 課長   恩田 恭良 氏
             地域企画部 副調査役 森崎 匠哉 氏

EY新日本有限責任監査法人
 インフラストラクチャ―・アドバイザリ―グループ
             マネージャー 技術士 関  隆宏 氏
 大阪公会計部 公認会計士 シニアマネージャー 谷口 信介 氏

講演の概要

講演の様子

 鳥取県内における上下水道事業の現状を踏まえ、持続可能な事業運営のためには効率化が急務であり、課題解決に向けて官民連携や広域化・共同化が重要であること、また、広域化等のシミュレーション実施にあたって留意すべき点などの説明があり、全国の広域化、官民連携の事例を紹介していただきました。

 
 
 鳥取財務事務所では、今後もヒアリングや情報収集等を通じて地域課題の把握に努め、課題解決の一助となるような取組みを実施していきたいと考えています。

本ページに関するお問い合わせ先

中国財務局鳥取財務事務所総務課

電話:0857-26-2295(代表)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader